Hatena::Groupcompbook

『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年1月14日19時30分より、ジュンク堂書店池袋本店にて開催されるトークセッション、
『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2017年版』に関連する情報を提供するblogです。

2017-01-14

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:松尾豊『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA/中経出版  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:松尾豊『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA/中経出版) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -   2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:松尾豊『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA/中経出版) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第1位の発表です。

hontoへリンク / ジュンク堂店舗お取り扱い情報


2016年の第1位は、松尾豊『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA/中経出版)でした。

昨年は第2位でしたが、今年はついに1位になりました。おめでとうございます!

第4位でも触れましたが、2016年はとにかく機械学習人工知能の本が大量に出版された年でした。Deep Learningの成果がついにというところもありますが、チャットボットやAlpha Goなどで一般の方々にもその成果が広く認識されたことも、その傾向に拍車をかけたところがあったかもしれません。

いずれにしても、人工知能の影響は(そもそもどこまでが人工知能なのかという問題はさておき)多くの方々の身近なところにも広がってきそうなので、本書のような書籍の需要はしばらくは続きそうです。


イベント終了しました  イベント終了しました - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  イベント終了しました - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

おかげさまで今回も満員御礼となりました。ご来場いただいたみなさま、また配信でご覧いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回はトピック別に、「機械学習人工知能」「Python」「クラウドアジャイル・DevOps・CI/CD・マイクロサービス」「フィンテックビットコイン仮想通貨」という4つ(3つ目がちょっと大きいのですが、基本的には「クラウド」の現状についてを中心にすると、「クラウド技術によるアジャイルチープ革命」的にアジャイルからマイクロサービスまでがゆるくつながった形で今の開発に影響を与えているのではないか、という気持ちでくくってみました)をご紹介いたしました。この形式は概ね評判がよかったようなので、来年もこのスタイルを踏襲することになるかと思います。

そして来年は、いよいよこのイベントが始まって10周年になります。多くの方々にご参加・ご協力いただけたことを、改めて御礼申し上げます。そして、2017年も興味深いコンピュータ書に出会えることを楽しみにしつつ、2018年もまたお会いできることを楽しみにしております。ありがとうございました。

2017-01-13

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第2位:吉田拳『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』(技術評論社 2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第2位:吉田拳『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』(技術評論社) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第2位:吉田拳『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』(技術評論社) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第2位の発表です。

hontoへリンク / ジュンク堂店舗お取り扱い情報

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書


2016年の第2位は、吉田拳『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』(技術評論社)でした。

本書は2015年には一番部数が出たタイトルですが、今年もベスト2に入るという結果になりました。Excel人気は相変わらず続いているようです。

また、昨年はこれの関連書とも言える、『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』も刊行されました。自動化はITエンジニアにはおなじみのものというか、クラウドと関連して大きなムーブメントとなりつつある技術ですが、エンジニア以外の方にも広まることを期待したいところです。

明日はいよいよ第1位の発表とイベント当日になります。どうぞお楽しみに。

2017-01-12

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第3位:中山 清喬、国本 大悟『スッキリわかるJava入門 第2版』(インプレス 2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第3位:中山 清喬、国本 大悟『スッキリわかるJava入門 第2版』(インプレス) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第3位:中山 清喬、国本 大悟『スッキリわかるJava入門 第2版』(インプレス) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第3位の発表です。

hontoへリンク / ジュンク堂店舗お取り扱い情報


スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)


2016年の第3位は、中山 清喬、国本 大悟『スッキリわかるJava入門 第2版』(インプレス)でした。

昨年に引き続きの3位で、本書は「Java入門書」の定番になったと言ってもよいのではないでしょうか。本書以外の『スッキリわかる』シリーズも、軒並み好調のようでした。

SwiftElixirKotlinなど新しい言語の書籍も多数出てくる中、圧倒的な人気を誇るJava入門書として広く支持されている様子がうかがえます。

明日は第2位の発表です。どうぞお楽しみに。

2017-01-11

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位: 斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン 2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位:	斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位:	斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第4位の発表です。

hontoへリンク/ジュンク堂店舗お取り扱い情報


2016年の第4位は、斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン)でした。

2016年はとにかく機械学習人工知能に関する書籍が大量に出て、大量に売れた年でした。

機械学習に関する書籍は理論と実装のバランスが問題になりがちですが、その中でも本書は、かなり実装寄りになっていて、なおかつブラックボックスになりがちなライブラリを使わず(といってもNumPyは使ってますが)、まさに「ゼロから作る」というのが特徴です。そのわりには分量もコンパクトですし。「なんか便利なAPIを叩いてるだけじゃ何をやってるかわかった気になれないけど、論文や理論寄りの本を読んで自力で実装するのは少し(かなり)厳しい」というプログラマな人にはとてもうれしい一冊でした。

明日は第3位の発表です。どうぞお楽しみに。

2017-01-10

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』(オライリー・ジャパン 2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第5位の発表です。

ジュンク堂へリンク


2016年の第5位は、Dustin Boswell,Trevor Foucher著『リーダブルコード』(オライリー・ジャパン)でした。

より良いコードの書き方を学ぶための必読書として、本企画でも毎年ベストにランクインしておりおなじみですが、今年は5位になりました。

2012年から2016年まで、順調にベスト5に入り続けているこのタイトルですが、去年の4位から1つ下がってしまったのでもう後がありません。とはいえこれにとって変わる本はまだ出ていないと言っていいでしょう。2017年でもやはりコードを書くなら必読の定番書であり、今年も新たな読者が多数生まれることと思います。

明日は第4位の発表です。どうぞお楽しみに。