Hatena::Groupcompbook

『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年1月14日19時30分より、ジュンク堂書店池袋本店にて開催されるトークセッション、
『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2017年版』に関連する情報を提供するblogです。
 | 

2013-01-12

2012年コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック 2012年コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』 - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2012年コンピュータ書売上冊数ランキング第1位:Dustin Boswell、Trevor Foucher『リーダブルコード―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』 - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

お待たせいたしました、ジュンク堂書店池袋本店での2012年コンピュータ書売上冊数ランキング、第1位の発表です!

ジュンク堂へリンク


第1位は、Dustin Boswell、Trevor Foucher氏による『リーダブルコード』でした。

『リーダブルコード』は、読みやすいコード、理解しやすいコードを書くにはどうすればよいかを、「名前の付け方」といった基本的な原則の確認から、実際の開発での設計・実装の実践まで、多面的に紹介している本です。この書籍をきっかけとして、出版記念イベントが開催されたり、他にも本書に解説を書かれた須藤さんから札幌Ruby会議2012、DevLOVE2012などでもフォローアップ的なセッションが行われたりするなど、リーダブルなコードを広めようとする動きへと発展していったようです。そのような影響も合わせて、『リーダブルコード』が大きな動きの中心となった一年だったと言えるでしょう。おめでとうございます!

ちなみに、『リーダブルコード』を翻訳された角さんは、他にも『Clean Coder』や『RUNNING LEAN』などが月間のベスト20にランクインするなど、2012年は大活躍でした。2013年もすでに翻訳されるタイトルが複数決まっているようなので、こちらも期待が高まります。


その他の総合ランキングや、月間ベストについては会場で発表いたします。お楽しみに!

 |