Hatena::Groupcompbook

『このコンピュータ書がすごい! 2018年版』最新情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018年1月13日19時30分より、ジュンク堂書店池袋本店にて開催されるトークセッション、
『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2018』に関連する情報を提供するblogです。
 | 

2015-01-06

2014年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:T.スチュアート著『アンダースタンディングコンピュテーション』(オライリー・ジャパン 2014年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:T.スチュアート著『アンダースタンディングコンピュテーション』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2018年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2014年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第5位:T.スチュアート著『アンダースタンディングコンピュテーション』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2018年版』最新情報

さっそくですが、ジュンク堂書店池袋本店での2014年コンピュータ書売上冊数ランキング、第5位の発表です。

ジュンク堂へリンク


2014年の第5位は、T.スチュアート著『アンダースタンディングコンピュテーション』(オライリー・ジャパン)でした。

計算理論の本は山ほどあって、それらの多くは数学自然言語(日本なら日本語)を使って説明されています。本書はそれらの本とは違って、プログラミング言語であるRubyを使って説明しているのが特徴です。もっとも、プログラミング言語を使っているところが重要で、特にRuby固有の機能を使っているわけではないので、Rubyを使っていない人でも普通に読めるはずです(そういう人のために第1章は簡単なRubyの説明になっています)。何となく計算理論を勉強しないといけないけど数学は苦手だし日本語だと理解した気になれない、という人に評価されたというのが、第5位の理由ではないでしょうか。

計算理論を学んだことのない人はもちろん、大学等で計算理論を学んだ人は当時を懐かしみながら、今まさに授業で習っている人には副読本代わりに読むと良いのかと思います。


明日は第4位の発表です。どうぞお楽しみに。

 |