Hatena::Groupcompbook

『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年1月14日19時30分より、ジュンク堂書店池袋本店にて開催されるトークセッション、
『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2017年版』に関連する情報を提供するblogです。
 | 

2017-01-11

2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位: 斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン 2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位:	斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2016年ジュンク堂池袋本店コンピュータ書売上冊数ランキング第4位:	斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン) - 『このコンピュータ書がすごい! 2017年版』最新情報

ジュンク堂書店池袋本店での2016年コンピュータ書売上冊数ランキング、第4位の発表です。

hontoへリンク/ジュンク堂店舗お取り扱い情報


2016年の第4位は、斎藤康毅著『ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』(オライリー・ジャパン)でした。

2016年はとにかく機械学習人工知能に関する書籍が大量に出て、大量に売れた年でした。

機械学習に関する書籍は理論と実装のバランスが問題になりがちですが、その中でも本書は、かなり実装寄りになっていて、なおかつブラックボックスになりがちなライブラリを使わず(といってもNumPyは使ってますが)、まさに「ゼロから作る」というのが特徴です。そのわりには分量もコンパクトですし。「なんか便利なAPIを叩いてるだけじゃ何をやってるかわかった気になれないけど、論文や理論寄りの本を読んで自力で実装するのは少し(かなり)厳しい」というプログラマな人にはとてもうれしい一冊でした。

明日は第3位の発表です。どうぞお楽しみに。

 |